検索エンジンから直接いらしたかたへ。
ここは鷹狩りに関するページです。好まれないかたはすみやかに閲覧を中止なさってください。

English Here

レベルと経験値

 これまたざっとしたものですが。
 鳥のスキル、ニアリーイコール放鳥後の生存可能性は、訓練にかける時間や努力量に比例して伸びるわけではありません。細かく見たら壁にぶちあたって乗り越えて、というようにデコボコしますが、おおまかには上のように。これは楽しみのために飛ばす時も同じ。
 「虚しい」あたりの鳥は何羽訓練して放しても、要するに無駄。放した、っていう意義はありますが。
 「宜しい」あたりがよろしいわけです。それより上を目指すのも、リハビリとしては非効率ですね。マイバードとしてならは、このあたりから先が面白いわけですが。
 リハビリもご参考あれ。

Home ColumnList

copyright Ikuya Hatano 2002
放鷹道楽/
Dissipation of Hawking
http://astur.jp/

email:astur_hatano-2002 [at] yahoo.co.jp