検索エンジンから直接いらしたかたへ。
ここは鷹狩りに関するページです。好まれないかたはすみやかに閲覧を中止なさってください。

<D>

DDT
deck feather 上尾鈴付 画像
    左右6枚ずつある尾羽1のもっとも中心よりの一枚。中央尾羽。

Dho Gazza net
    捕獲用の網。日本のものと同じく、コの字形に張る単なる網。

diurnal 昼行性
DOC ひよこ 画像
    Day Old Chick. 初生雛の略称。

Dove ハト(鳩)
down 綿羽 画像
downy 糊毛 画像
draw the hood 画像
droppings 内1 画像
Duck Hawk
Dumascus Hood 一覧 画像


dummy bunny 画像
dusting 砂浴び
Dutch Hood 一覧 画像


<E>

eagle ワシ
    タカ科の種のうちで比較的大型のものの総称。

egg tooth 卵嘴
    の上嘴の湾曲部にある突起。これで卵殻を内側から壊して孵化する。孵化後1日2日で脱落する。

electroeiaculation 電気刺激による採精
    直流か交流か、電圧電流はどのぐらいか、端子の数・形状などさまざまに検討されてはいるが、決定版はない。自然交不可能な障害を負った救護個体の活用を考えると、今後の大きなテーマ。

endew 消化する、おす
enseam
enter 当てる
    獲物を追わせる。またいろいろな物を見せる。enter at Duck、enter a hood

entering 当てる
ethology 動物行動学
extender 希釈液 画像
    精液を薄めるのに使う。猛禽用が市販されている。

eyas
eyass
eyelet 鳩目 画像
    Aylmeri足革で使う。国産品もあるが、サイズ展開が合理的でないのと、粗悪なものが多いことから勧められない。英国のものが便利。64分のnインチで表記される。10/64、12/64、14/64、17/64、18/64、19/64、20/64、24/64、26/64、28/64、32/64、64/64などがある。鳩目締め具にはプライヤー式とスクリュウ式がある。17/64まではプライヤー式、それ以上ではスクリュウ式が普通。grommet に同じ。

eyelet closer 鳩目締め具 画像
    Aylmeri足革に用いる鳩目を締める道具。17/64まではプライヤー式に良品があり、それ以上はスクリュウ式になる。槌で打って止めるのは危険! grommet setter に同じ。

eyre
eyrie

<F>

facility 施設、設備


falcon ハヤブサ(隼、鶻) 画像
falconer 鷹匠
falconer's knot
falconry 鷹狩り放鷹
    全般的にいうときには falconry。行動を強調する時には hawking となる。falconry world、hawking baggo hawk

falconry terms 鷹詞
    鷹狩り用語。

fall at mark 居掛かる落ちへ付く草架 画像
    落ち伏している(薮に入った)獲物のそばの薮でもじっとしている。mark に同じ。草の上にいるのが強調される場合は草架

fat1 脂肪1 画像
    厳寒期や高負荷時にはよいであるが、与えすぎると肉色が上がる。蛋白質との含有カロリーの差を考えて使う必要がある。脳も餌としてみれば脂肪の塊といえる。

fat2 脂肪2
    鳥も肥満する。筋肉が脂肪で置き換えられ、さらに脂が溜まる。正常な体重の2倍近くになることもある。

faul 逸れる
    獲物を追うのを諦める。また、鷹匠呼ぶのにスタートはするが途中で進路を変えて降りて来ない。missshift に同じ。

feak 嘴ずり 画像
feather 羽1
    鳥に生える羽はまず正羽綿羽に分けられる。正羽はいわゆる木の葉のような羽らしい羽であり、飛翔羽体羽とに細分される。綿羽は幼綿羽と、成鳥になっても残るものとに細分される。

feather plume 画像
    主にダッチフードに用いられる top knot。毛糸と(時に真鍮線と)羽で作る。そのが捕獲した獲物の胸を羽を一枚ずつ加える・・・などという作り方もある。

feed 餌加減
    給餌する。

feed up1 餌加減
    規定量を給餌する。

feed up2 開き餌
ferretting 画像
festoon 障理(アオリ) 画像
fetch
field jess 足革 画像
filanders フィラリヤ
    猛禽では心臓ではなく腸に寄生するらしい。

fist 画像
    欧米では水平でなくやや上げて保持する。ハヤブサ類にはこのほうが都合がよいこともある。中東では水平。Mangalah を使うためか。

fit
    筋肉が充分に鍛えられている。

fitness
    fit させる。またfitの程度。

flags1 次列風切羽または三列風切羽母衣羽または母衣毛(ホロノケ)、母衣八枚(ホロハチマイ)、母衣のイ(ホロノイ) 画像1 画像2
flags2 下尾筒尾末毛 画像
fledgling 巣鷹
flight feather 飛翔羽尾羽2
flock 群れ
flush 出す立つ
    イヌないし人が獲物を追い立てて薮から飛び出させる。鳥にもウサギにもいう。

fly on head 鳥またげ
flying jess 足革 画像
following on 居掛かり
    獲物を探すイヌ、人にが木移りしてついていくこと。

food
    猛禽類は一部例外を覗いて動質食。骨や内臓込みで食べて必要な栄養素を確保するので、人間用の精肉では飼えない。動物園で一般的な「馬肉、鶏頭」も相当に劣悪。一部では人工飼料が開発されているが、馬肉と栄養剤の混合冷凍品であって大型種ならよいとしても中型以下には未知数。パッケージも大きい。冷凍のウズラ、雛ウズラ、ひよこマウスラットなどを基本に、栄養剤を少量、時に殺し立ての生き餌、というのがよろしい。丸ごとの動物を扱えないのなら猛禽を飼ってはいけない。

foot1 画像1 画像2 画像3 
    距蹠(フショ)より下の部分。

foot2 足を出す
    掴むこと。good footer=掴むのがうまい。footer=人の右手を掴む悪癖のある鷹。

Frederick II of Holy Roman Emperor フリードリヒ二世
    神聖ローマ帝国皇帝。在位1215〜1250。1232年に The Art of Falconry を編む。フリードリヒ一世「赤髭王」、プロイセンの「大王」とは別人。

French Partridge アカアシイワシャコ(赤脚岩鷓鴣)
    Alectoris rufa。Red-leg Partridge に同じ。ヨーロッパヤマウズラ Gray Partridge Perdix perdix より走る傾向が強い。French 〜はフランス軍の軍服のズボンが赤かったことと引っ掛けてある。どの戦争の時か調べが付いていないので情報を乞う。約550グラム。

fret mark 画像
frounce トリコモナス症
    Trichomonas属の原虫による感染症。ハトからうつることが多い。ハトを治療しておく、可能な場合は冷凍後に与える、気管消化器は与えない(頭上げしない)などで予防可能で、早期に発見すれば治療も困難ではない。

full-summed
fully down
furniture 道具


Home C G

copyright Ikuya Hatano 2002
放鷹道楽/
Dissipation of Hawking
http://astur.jp/

email:astur_hatano-2002 [at] yahoo.co.jp