検索エンジンから直接いらしたかたへ。
ここは鷹狩りに関するページです。好まれないかたはすみやかに閲覧を中止なさってください。

<ち>

血疣 チイボ
力餌 チカラエ
力革 チカラガワ
チゴハヤブサ 稚児隼 HobbyRobin 画像
    Falco subbuteo。日本では鷹狩りに使われた様子がない。

ちしゃの木 チシャノキ
    エゴノキ科のエゴノキ Styrax japonicus だろう。

千鳥 チドリ various
    各種の鳥、多くの鳥。→五百鳥(イホツトリ)

地架 ヂボコ
チャッカー Chukar Partridge
    イワシャコ Alectoris chukar。やたら速くて shortwing による鷹狩り向きの獲物とはいえないが、養殖が容易であって訓練用の生き餌としては普通。約550グラム。

チャップス 画像
茶碗 チャワン
    (1)を飲ませるのに用いる。
    (2)鷹匠補が練習に用いる。水を入れた茶碗をに乗せて歩き、感覚を養う。

昼行性 チュウコウセイ diurnal
中物 チュウモノ
チョウゲンボウ 長元坊 Kestrel 画像
    Falco tinnunculus。日本では鷹狩りに使われた様子がない。

鳥獣保護区 チョウジュウホゴク protected area
    原則として狩猟が禁止されている地域。

鳥獣保護区等位置図 チョウジュウホゴクトウイチズ 画像
    区域の指定などが記された地図。都道府県から入手できる。実猟するのなら、毎年必ず入手しなくてはいけない。

鳥獣保護法 チョウジュウホゴホウ
    鳥獣保護及び狩猟に関する法律。

ちょんちょん跳ね チョンチョンバネ
    ウサギなどに追い付いて掴んだものの、押えきれず背の上でじはばたする。

チリチリ言う チリチリイウ twittering

<つ>

使いこなす ツカイコナス
掴む1 ツカム clutchtrussbindseizepounce
掴む2 ツカム crab
ツカレ
衝き出す ツキダス
付き場 ツキバ
継ぎ羽 ツギバネ imp 画像
    傷んだ羽を切り、似た大きさ・模様の羽(同個体の前年の、または別個体の)を継ぐ。

作り餌 ツクリエ 画像
付ける ツケル
錣足緒 ツヅリアシオ
繋ぎ鳥屋 ツナギドヤ
繋ぎ鳥 ツナギドリ
繋ぐ ツナグ tether 画像
綱差し ツナサシ
椿 ツバキ
    おそらくはツバキ科のヤマツバキ(ヤブツバキ)Camellia japonica か。

ツバサ wingssails
翼に水を持つ ツバサニミズヲモツ Blain
    主にハヤブサ類で発症する。翼角の打撲などが引き金となり、細菌感染する。透明な液体の入った泡ができ、その後乾燥する。手首関節から先が壊死脱落することも多い。そうでない場合も関節が固まって飛行できなくなる。

ツボ
    牽緒などの組紐の端に一段細く作られる輪。金具に留めたり緒を潜らせたりする。

詰まる ツマル
    獲物をよく追う。距離が詰まるの意か。

ツミ 雀鷂 Japanese Lesser Sparrowhawk 画像
詰め ツメ cut downstarvation
    仕込みに先立って、一定期間を絶食させる。

ツメ clawpouncestalon画像
爪絡み ツメガラミ 画像
爪嘴 ツメハシ cope 画像1 画像2
爪嘴小刀 ツメハシコガタナ 画像
    爪嘴に使う小刀。用が平刃、嘴用が急刃。

ツル
    主にナベヅル Hooded Crane Grus monacha(3.5〜4キログラム)を捕った。マナヅル White-naped Crane G. vipio(5〜6.5キログラム)は一段格下とされた。クロヅル Common Crane G. grus(約5キログラム)も稀に捕られた。なお、古書でいう「黒鶴」は現代のナベヅルとクロヅルの両方がふくまれる。タンチョウRed-crowned crane G. japonesis(約12キログラム)は少なくとも公式には捕らなかったらしい。

<て>

手空き テアキ assistant
ディーディーティ DDT
    農薬。卵殻を薄くさせてしまうため、が親鳥の体重で割れる。少なくとも北米で大きな被害があった。先進国では使用が禁止されたので、保護増殖再導入事業などによって現在は各種かなり回復した。

停空飛翔 テイクウヒショウ hover
    猛禽に可能なのは向いを利用した見掛けの〜。真の〜は体重20グラム以下の小鳥にしかできない。

出来た デキタ make
    訓練を終えて仕上がっている。

デコイ decoy 画像
    本来はカモの銃猟で使う囮。じっとしているカモに形で認識してもらうためにも利用できる。

手先 テサキ left
出鷹 デダカ 一覧
手鷹師 テダカシ
手縄 テナワ 一覧
出刃包丁 デバボウチョウ 画像
出日 デビ
    最後の尾羽1を落としてから45日め、最後の羽を落としてから33日めのこと。これ以降に鳥屋出しを行なう。

手袋引き テブクロヒキ 画像
手水 テミズ
てれめ テレメ
テン 貂 Japanese marten
    Martes melampus

電気刺激による採精 デンキシゲキニヨルサイセイ electroeiaculation
    直流か交流か、電圧電流はどのぐらいか、端子の数・形状などさまざまに検討されてはいるが、決定版はない。自然交不可能な障害を負った救護個体の活用を考えると、今後の大きなテーマ。

電気ショック首輪 デンキショッククビワ shock collar 画像
天筋 テンスジ tyrrit
    (モトオシ)の更に古いいいかた。tyrrit と天筋はともに古語であること同じだが、形状が同じかは不明。

Home

copyright Ikuya Hatano 2002
放鷹道楽/
Dissipation of Hawking
http://astur.jp/

email:astur_hatano-2002 [at] yahoo.co.jp