検索エンジンから直接いらしたかたへ。
ここは鷹狩りに関するページです。好まれないかたはすみやかに閲覧を中止なさってください。

<し>

しあみ シアミ tenacity、persistent
    獲物に対する執念のようなもの。追跡時のしつこさ、諦めの悪さ。普通は雌で強く、雄で弱い。雄はが小さいうちには狩りを全てまかされる。供給が途絶してはいけないので、体重比でも(雄が雌より小さいから、という以上に小さい)より小さい獲物を狙う。小物は一回の成功で得られる肉が少なく、数が多いので、相手が速いなら早目に諦めて次を狙うのが得。対して雌は、大きくなったのためまた自分のために狩りを行なう。体重比で大きめの獲物を狙う。成功すれば得るもの大きく、替わりの目標を見つけにくいから、しつこく追うのが得。・・・というあたりがしあみの強さの雌雄さの背景にはある。→冴え

地下足袋 ジカタビ 画像
    鷹匠衣装のひとつ。7つコハゼが本式だったとされる。

シギ 鴫 Snipe
    ハヤブサを捕獲する時、見張り役としてムナグロが用いられた。また、タシギ Common Snipe Gallinago gallinago(100〜150グラム)、ヤマシギ Woodcock Scolopax rusticola (約300グラム)、は猟鳥。ただし速くて捕りづらい。

式架 シキボコ
シケ打ち シケウチ
    おそらくシゲウチ(繁打ちまたは重打ち)のこと。紐を、丸くではなく、平らに組むこと。

仕込み シコミ trainning
肉色 シシ
    胸筋の太り加減。餓死寸前が三分、きつい性格の非刷り込み個体で管理者のミスではなく訓練初期には下げて仕方ないのが五分、訓練が進んでも「あまり上げられないなあ」が6〜7分、飼育下で普通に良いのが八分(常肉色)、一杯に上げると十分(丸1または丸肉色野肉色)。非常に粗く標準体重に対してのパーセンテイジをいえば、三分が55パーセント、五分が70パーセント、八分が80パーセント、丸で90パーセントぐらい。脂肪がない分、胸筋の太り加減が野生個体並みでも体重は軽くなる。ちなみに国産のオオタカの雌は健康でも、冬期に約1050〜1200グラム、夏期には約900グラムであり、胸筋も当然変動しようし、保護個体は保護される原因があるわけで、単純な比較は問題が大きい。

肉色当て シシアテ 画像
肉色引く シシヒク
自傷 ジショウ 画像
    が自分自身を傷つける。保定時に裏に刺さるのが普通。

四節架 シセツボコ
私鷹 シダカ? シヨウ? ワタクシダカ?
地鷹 ジダカ
下鷹 シタタカ
下目になる シタメ
したをかる シタヲカル
    獲物を持ってあちこち逃げる。

七段 シチダン 画像
十鷹十色 ジッタカトイロ
実の策 ジツノブチ
漆皮 シッピ
シトド
    ホオジロ類の古名。

鵐鳴き シトドナキ twittering
    何かを強烈に嫌がってチリチリと鳴く。

[しない] シナイ
    ハヤブサガンを捕り、もつれあって地上に落ちた後で、ガンが翼でハヤブサを叩く。オオタカ掴む1だけなので、しばしばガンに翼で叩かれ、失神したり死んだりすることがあるが、ハヤブサは獲物の首を咬んで素速く殺してしまうのが普通なので、この「シナイ」は多くは起こらなかったはず。

志奈枝 シナイ
    簓刀とも書く。イヌを叩いて懲戒するための棒。竹製。長さ二尺三ないし四寸。手元を五寸残して割り、花色の布の上袋で覆う。叩いても音ばかり高くあまり痛くないようになっている。→策2、狩杖、勢子杖

柴狩り シバカリ
芝生 シバフ loan、weathering loan
    葉が堅い野芝や高麗芝ではなく、柔らかい洋芝がいい。健全な芝は晒し場としても、初期訓練の場所としても最適。泥やで汚れることもない。唯一の欠点は、汚染地域ではキャピラリアリスクが高まること。
     また、管理の難しさも欠点といえばいえる。しょぼくれた芝生は一転、鳥にとってきわめて良くない。品種の選択、はけ、日照、芝刈りなどに留意すること。

脂肪1 シボウ fat1 画像
    厳寒期や高負荷時にはよいであるが、与えすぎると肉色が上がる。蛋白質との含有カロリーの差を考えて使う必要がある。脳も餌としてみれば脂肪の塊といえる。

脂肪2 シボウ fat2
    鳥も肥満する。筋肉が脂肪で置き換えられ、さらに脂が溜まる。正常な体重の2倍近くになることもある。

持明院家 ジミョウインケ
禁野 シメノ
    天皇以外の猟が禁じられている場所。禁軍や紫禁城などと同様の用法。キンヤとも読む。

絞める シメル
    殺す。

ジャックラビット Jack Rabbit
    北アメリカに産する大型のノウサギRabbit でもアナウサギ類ではない)。3〜4.5キログラム。black tailed 〜 Lepus californicus と white tailed 〜 Lepus townsendii などがある。

車馬仕込み シャバジコミ
    町据えの一課程。自動車などに慣らす。

ジャンプアップ jump-up 画像
銃禁 ジュウキン
十二顔 ジュウニガン 12 face types 一覧
    鴛鴦(おしどり)、懸巣(かけす)、小鷲(こわし)、鵐(しとど)、鷹(たか)、雀鷹(つみ)、鳶(とび)、蛇(へび)、猿子(ましこ)、鶚(みさご)、鵙(もず)、鷲(わし)、がある。

銃猟禁止区域 ジュウリョウキンシクイキ
自由猟具 ジユウリョウグ
朱光? アケミツ? シュコウ?
受信機 ジュシンキ receiver
    大きく重いものは猟場でつらい。

主鷹司 シュタカシ
種の保存法 シュノホゾンホウ
    希少野生動植物の種の保存に関する法律

撞木鷹 シュモクダカ T perch Spar.
    丁字形の背の高い野架2(=撞木)からスタートしてヒバリを捕り、再び戻るように訓練されたハイタカ。またそれを用いての狩り。立ち木がない川原などで行なわれた。

狩猟者登録 シュリョウシャトウロク
    法定猟具を用いて狩猟する場合、都道府県に登録する必要がある。

狩猟税 シュリョウゼイ
順行訓練 ジュンコウクンレン
兄鷹 ショウ tasseltierceltarselltercel
将毛 ショウゲ
    日本産のクマタカの冠毛のうちで、雄だけにあるとされる、より前方にあってひときわ長い2本の羽。兄鷹毛か。

常肉色 ジョウジシ
上昇気流 ジョウショウキリュウ ascending current


装束1 ショウゾク
    鈴板の装飾。樫鳥〜、打ち角〜。

装束2 ショウゾク
装束3 ショウゾク
衝動 ショウドウ
    古典的動物行動学の概念。狩り、交尾など(あるいはそれらに含まれるより詳細な要素)に衝動を仮定し、それが解発因によって解発されて行動が発現するとする。

常の落ち ショウノオチ
    イヌ勢子が出したのではなく、獲物が自分から飛び立って降りた先。ヒトの側に出したつもりはなくても実際には早立ちなのかもしれないが。→落ち1

小の首縄 ショウノクビナワ
正麩糊 ショウフノリ 画像
生類憐みの令 ショウルイアワレミノレイ
ショックカラー shock collar 画像
ショックマーク shock mark 画像
初鳥飼 ショトリカイ first entering
    新しいに初めて野生の獲物を捕らせる。以前は鴨場でこれを行なった。羽鳥飼に同じ。

初列風切羽 ショレツカザキリバネ primaries 画像
白尾 シラオ
白ける シラケル refuse
    頭巾を外されているハヤブサ獲物を見て欲しがっても、環境の事情などで追わせてやれないことが重ねると、ついには獲物を襲う意欲を失う。refuse はハヤブサ以外にも使う。→白む取り白む

シラコバト 白子鳩 Eurasian Collared-Dove
シラサギ 白鷺
    コサギ Little Egret Egretta garzetta、チュウサギ Intermidiate Egret E. intermedia ダイサギ Great Egret E. alba アマサギ Cattle Egret Bubulcus ibis などの総称。

シラミ lice


シラミ lice


白む シラム refuse
シリ
    排泄回数の単位。

尻革 シリガワ 画像
    腰から尻に垂らして、の上に座る時に敷く。登山用品店のシカ皮のものはすぐに毛が擦り切れてダメ。カモシカ皮が最上等だが、せめてアナグマ、さもなくばタヌキ皮のものがよい。

趾瘤症 シリュウショウ bumble foot 画像
視力 シリョク vision
    ヒトの何倍良いかには、「2倍ぐらい」から「10倍」まで諸説ある。が、単純な視力の問題というより、「注視している部分だけ拡大できる」「薮越しの認知能力が高い」「動くものに敏感」「種によっては紫外線が見える」といった質について考えるほうがよりよい理解に到達できそうではある。

次列風切羽 ジレツカザキリバネ secondariesflags1 画像
シロ
白金羽 シロガネバネ
白兄鷹 シロジョウ
白鳥 シロトリ 画像
白塗りの鈴 シロヌリノスズ
白装束 シロノショウゾク
    足革などもすべて白で統一したの装い。

シロバト 白鳩 Eurasian Collared-Dove
シロハヤブサ 白隼 GyrfalconJerkin 画像
    Falco rusticolus。欧では最高とされる鳥。日本では使う場所の問題が大きい。

人工授精 ジンコウジュセイ artificial insemination
新修鷹経 シンシュウヨウキョウ
    嵯峨天皇が編纂させた鷹狩り技術書。818年。現存するまとまった技術書のなかでは世界最古か。

陣架 ジンボコ
人鷹一体 ジンヨウイッタイ

Home

copyright Ikuya Hatano 2002
放鷹道楽/
Dissipation of Hawking
http://astur.jp/

email:astur_hatano-2002 [at] yahoo.co.jp