検索エンジンから直接いらしたかたへ。
ここは鷹狩りに関するページです。好まれないかたはすみやかに閲覧を中止なさってください。

<す>

ス nest、scrapeeyreeyrieayreaerie
水干 スイカン
吸い付く スイツク 画像
スゥーデン式箱[罠] スウェーデンシキハコワナ Swedish trap
    三角屋根の箱型の罠。国内捕獲調査で多用されるが、羽が傷みやすくよろしくない。元は害鳥駆除用なので当然だが。

据え スエ 画像
据え上げ スエアゲ make in 画像
    獲物をつかんで地面に降りたに近づき、鷹[を拳へ移し、[獲物をさりげなく取り上げる。make in と pick up の両方を含む。

据替 スエカエ 画像
    と拳を触れ合わせて、をAさんの拳からBさんの拳へと移動させる。

据え込み スエコミ
据下 スエシタ weight
据え出し スエダシ
据え立つ スエタツ
据前 スエマエ person in charge
    の担当者。また、現に鷹を据えている者。

据前千人力 スエマエセンニンリキ
据え回し スエマワシ
巣劣り スオトリ
スカ
巣返り毛 スガエリゲ
    なのに白い毛をもつ。その白い毛。逸物になるといわれる。

巣枯れの鷹 スガレノタカ ramange2brancherbrownybowiser
鋤焼き スキヤキ Duck steak
    コガモでは胸を6〜7切れ、笹身は切らず、足を2〜3切れに。コガモなら2羽、マガモなら半羽でひと皿。生醤油と大根おろし。砂糖は使わない

頭巾 ズキン hood 画像
巣子 スゴ 一覧
巣児鷂 スゴノリ
巣籠もり スゴモリ nesting
    繁殖期にある。営巣、抱卵している鷹。

スジ
スズ bell 画像
    に取り付けて居場所を知る手がかりにする。宮内省のものは鋼製、長径2センチ、短径1.5センチほど、ふたつ穴の耳を持つ。鉄、真鍮、銀などで作る。宮内省時には必要な時だけ、朝つけて狩りが終わると外していた。
    現代的な鈴は Asbono(人名)式に始まる。A-cone(ドングリ)式といい、二つの半球の接続が突き付けでなく被せになるものが主流。高くてもよく鳴るものがいい。発見のしやすさが歴然と異なる。
     イヌにつける鈴はやや大きかったか。首輪または胴縄の下につけるのが前鈴、上につけるのが後鈴。なお、放し犬にのみつけられた。

鈴板 スズイタ tailbell plate 画像
    の鳴りを良くし、羽毛を守るための板。昔は鼈甲や堅木、後には野鯉の頬骨で作る。プラスチックでも作れる。鈴敷鈴持に同じ。

鈴緒 スズオ bewit 画像
鈴隠し毛 スズカシクゲ 画像画像
鈴革 スズカワ bewit 画像
鈴差し スズサシ bewit 画像
鈴敷 スズシキ tailbell plate 画像
    の鳴りを良くし、羽毛を守るための板。昔は鼈甲や堅木、後には野鯉の頬骨で作る。プラスチックでも作れる。鈴板鈴持に同じ。

鈴付 スズツキ deck feather 画像
    左右6枚ずつある尾羽1のもっとも中心よりの一枚。中央尾羽。上尾に同じ。

鈴付きの鐶 スズツキノワ
鈴通し スズトオシ bewit 画像
鈴箱 スズバコ
鈴袋 スズブクロ
スズメ 雀 Tree Sparrow
雀餌 スズメエ
    雀を敲餌にして薄い塩水を加えた。今から見ても合理的である。

鈴持 スズモチ tailbell plate 画像
    の鳴りを良くし、羽毛を守るための板。昔は鼈甲や堅木、後には野鯉の頬骨で作る。プラスチックでも作れる。鈴板鈴敷に同じ。

巣鷹 スダカ imprinted hawkimprintbowiserbrancherramange2brownyfledglingdowny
    のうちにから降ろしたオオタカでは二斑見せ(暗色横の2つめまで見えるところまで尾羽1伸びたぐらい)で、つまりbrownyぐらいで、ハイタカではもっと幼い糊毛 downy ぐらいで降ろすのが標準的だっとされ、いろいろな成長段階が含まれる。

すっぽり
    すっかり、全部。真鳩両胸〜喰わす。

捨て飼い ステカイ
ストレスマーク stress mark 画像
砂浴び スナアビ dusting
スパニエル Spaniel
巣回り スマワリ ramange2bowiserbrancher 一覧
    巣鷹網懸の中間。巣立ちしてはいるが、親からの給に依存している段階。自家捕獲が許されるのであれば、ある意味では非常に理想的。

隅架 スミボコ
    鷹部屋1の設備のひとつ。角に斜めに差し渡した止まり木。

巣山 スヤマ
摺革 スリガワ
刷り込み スリコミ imprint
    刻印づけとも。もとは、生まれたばかりのが「最初に見た大きくて動くものを親と思う」こと。現在では原義となるアイデンティティ的な刷り込みだけでなく、巣材、性的パートナーなどに関する特殊な観念の獲得をさす。

すれ違い スレチガイ

Home

copyright Ikuya Hatano 2002
放鷹道楽/
Dissipation of Hawking
http://astur.jp/

email:astur_hatano-2002 [at] yahoo.co.jp