検索エンジンから直接いらしたかたへ。
ここは鷹狩りに関するページです。好まれないかたはすみやかに閲覧を中止なさってください。

<と>

鳥あい トアイ 画像
鳥跡 トアト
灯火仕込み トウカジコミ
    夜据えの1段階。明るさ、明るいところで据えられていることに徐々に慣らす。ホゴシと連動する。

道具 ドウグ furniture


童子杖 ドウジヅエ
灯台架 トウダイボコ block perch 画像
    ハヤブサ類(およびワシ類、フクロウ類。横枝でなく岩などに止まるのを好む種)に用いられる止まり台。和風の灯台架は、八角形の止まり板、二枚を組み合わせて「痩せた富士山」のようにした支えからなり、カセ(1)以外はリングは遊動式ではなかった。現代の要求としては、上に人工芝をはめ込むことが出来、その「芝の葉」とほぼ同じ高さの縁があり、中央の柱の回りに遊動するパイプがはまっているものが望ましい。

胴縄 ドウナワ
動物行動学 ドウブツコウドウガク ethology
    フリッシュ、ローレンツ、ティンバーゲンらが確立した、動物の行動をトータルに理解しようとする学問。行動学に同じ。→認知科学行動分析学

遠立つ トオタツ
遠はまり トオハマリ
    獲物を追って行き、遠くの薮で捕る、またはその薮近くの低所に降りる。

遠逸り トオハヤリ
    獲物を見ると遠くから掛かる。はばたきで獲物を警戒させてしまうので嫌われた。→早わけ鷹

遠丸嘴 トオマルバシ
遠見 トオミ
    猟場で獲物の生息状況を調べたり、密猟監視を行なう人、その役目。鳥見に同じ。

遠山毛 トオヤマゲ 画像
通り鷹 トオリダカ
鳥狩り トガリ
鳥柴 トシバ
    捕った獲物をくくり付けてかつぐための木の枝。季節、の種類と性別、獲物の種類と性別、その他の状況、流派によって、どんな種類の木のどんな枝振りの枝に何をいくつ、どういう配置で、どういう向きで、どういう結びかたで結ぶのかが異なる。鳥付柴に同じ。

鳥筋 トスジ、トリスジ
    獲物の飛行軌道、およびその未来位置。〜に合わせる。

屠体 トタイ pelt
橡金 トチカネ


取鷹 トツタカ
トップノット top knot 画像
鳶尾 トビオ
飛び落とす トビオトス
飛び巣子 トビスゴ 一覧
飛流し トビナガシ 画像
飛水毛 トビミズゲ
    の喉の毛。

外架 トボコ
泊まり鷹 トマリダカ
留犬 トメイヌ
鳥屋1 トヤ moult
    羽が生え替わる。多くの種では年に一度、春から夏にかけて、ほぼ全部の羽が換羽する。が、ツミハヤブサの若鳥では秋口から換羽が始まっている観察例があり、他方、クマタカイヌワシなどの大型種では飛翔羽は二年で一巡りである。

鳥屋2 トヤ mew 画像
    塒とも書く。換羽させるための施設。鷹部屋1を意味することもある。

鳥屋3 トヤ shelter
鳥屋入り トヤイリ
鳥屋終わり トヤオワリ full-summedfully downhard downhard penned
    換羽が終わり、全ての羽軸が固まった状態。

鳥屋返り トヤガエリ
鳥屋くぐり トヤクグリ
鳥屋霜 トヤジモ 画像
鳥屋鷹1 トヤダカ intermewed 画像 一覧
鳥屋鷹2 トヤダカ
鳥屋出し トヤダシ
    換羽後にを繋ぎなおす。最後の尾羽1を落としてから45日め、最後の羽を落としてから33日めの出日以降に行なう。

鳥屋詰まり トヤヅマリ shortening after moult
    同一個体を比較したときに、幼鳥羽から成鳥羽になるに伴って、飛翔羽が短くなること。数パーセント(中型種で1センチほど)も変化することがある。

鳥屋勝り トヤマサリ
虎革 トラカワ 画像
トランスミッター transmitter 画像
鳥1 トリ bird1
    獲物となる野鳥全般。あるいは鳥綱全体。

鳥2 トリ hawk
鳥3 トリ Pheasant
鳥筏 トリイカダ
鳥打帽 トリウチボウ hunting cap 画像
鳥落とす トリオトス
    鳥落ちるでなくことさらに落とすという。

取り飼う トリカウ
鳥搦 トリガラミ、トガラミ center toe 画像
トリコモナス症 frounceTrichomonas
    Trichomonas属の原虫による感染症。ハトからうつることが多い。ハトを治療しておく、可能な場合は冷凍後に与える、気管消化器は与えない(頭上げしない)などで予防可能で、早期に発見すれば治療も困難ではない。

取り肉色 トリジシ 画像
取り白む トリシラム refuse
鳥据え トリズエ outer toe 画像
鳥付柴 トリツキシバ
    捕った獲物をくくり付けてかつぐための木の枝。季節、の種類と性別、獲物の種類と性別、その他の状況、流派によって、どんな種類の木のどんな枝振りの枝に何をいくつ、どういう配置で、どういう向きで、どういう結びかたで結ぶのかが異なる。鳥柴に同じ。

鳥拉ぎ トリヒシギ ball 画像
鳥舟 トリフネ
    カモなどの水鳥を水面上空で捕らえて落ち、獲物の上に乗る。鳥筏と違うのは漕いでこないことで、浅瀬の場合か。

鳥またげ トリマタゲ check1fly on head
    別の獲物に乗り換える。

鳥見 トリミ
    猟場で獲物の生息状況を調べたり、密猟監視を行なう人、その役目。遠見に同じ。武家屋敷への出入りが認められていたため、情報収集活動もおこなったことがあるのではないかとされる。在の住民が任命される郷鳥見と、純然たる役人である鳥見に大別できる(消防団員と消防署員のようなもの)。

鳥見役 トリミヤク
努力呼吸 ドリョクコキュウ panting
    口を開け、はあはあと荒く息をする。激しい運動後では正常。低負荷で出れば鍛練不足。過度な保温を含む高温時にも出る。開嘴呼吸に同じ。

ドロ板 ドロイタ
蜻蛉 トンボ

Home

copyright Ikuya Hatano 2002
放鷹道楽/
Dissipation of Hawking
http://astur.jp/

email:astur_hatano-2002 [at] yahoo.co.jp