検索エンジンから直接いらしたかたへ。
ここは鷹狩りに関するページです。好まれないかたはすみやかに閲覧を中止なさってください。

 

鷹犬一覧

 

止まりかたと呼称

年齢あるいは経験 初年 〜4歳 5歳以上
止まりかた 止まらず 片口止まり
放し掛け
止まらず 片口止まり
放し掛け
止まらず 片口止まり
放し掛け
諸口止まり
呼称

平犬

留犬
お放し犬
放し犬

新犬

古犬 不明
淘汰されたか?
古疲れ
寄犬

 

引き綱の使い分け

  止まらず
片口止まり初期
片口止まり後期
放し掛け
留犬、お放し犬、放し犬
係留時、普段の移動時 大の首縄+緤
または
大の首縄+鍍(鎖のこと)
小の首縄+緤
または
胴縄+緤
儀礼で 参加の機会ナシ 小の首縄+首輪+攣緒
(胴縄併用もあった)
訓練時
また
猟野で打ち入り前
大の首縄+遣縄
または
胴縄+遣縄
儀礼色強 小の首縄+首輪+攣緒
(胴縄併用もあった)
儀礼色弱 小の首縄+緤
または
胴縄+緤
猟野で打ち入り後 大の首縄+遣縄
または
胴縄+遣縄
大の首縄+早走
または胴縄+早走
小の首縄+前後の鈴
または
胴縄+前後の鈴


念のため類走(捌縄)をつけることもあり、その場合は、
胴縄+前鈴?+類走(捌縄)
または
小の首縄+前鈴?+類走(捌縄)

 

引き綱一覧

タイプ 名称 素材 長さ 構造 接続 用途 備考
緤(きづな)系 木綱、緤(上古) 山椒の木 二尺五寸 詳細不明   係留用、全く逆に後の早走系的な用法もある  
木綱、緤(中世) 紺麻糸シケ打ち 一丈二尺五寸 先端に一尺五寸に紫摺革といわれる力革がつき、その先に旋子(さらに小さな輪か短い紐がつくのだろう) 首縄または胴縄の鐶 係留、連れ歩く時、初期訓練?  
木綱、緤(近世) 先端に二寸の坪。
手元は端から一尺五寸のところにサクリがついた。
ループにして首に 係留、連れ歩く時、初期訓練?  
鍍、鎖 四尺五寸 先端に旋子まちかね、手元に四寸の鎖留 首縄または胴縄の鐶 係留、連れ歩く時  
攣緒、牽緒 真紅唐糸の組み打ち、ときに紫、浅黄色。 二丈五尺 中央に紅革または紫革の二尺五寸の力革。一端に房、他端に二寸の坪。別パーツとして坪一寸付きの房 首輪の鐶 儀式で 二つ折で用いる
神前繋ぎで繋ぐ
遣縄系 遣縄、遣索、はしり、はしり縄、犬はしりの縄、はすわ、走縄、はり縄、手縄
(上古)
藁に苧を混ぜた三つ編み 馬上用は七尋あるいは九尋三尺 手元を細く 不明 訓練、猟(打ち入り後)、手元端は保持したままが原則 早走系と未分化
徒歩用は四尋一尺、三尋半
遣縄、遣索、はしり、はしり縄、犬はしりの縄、はすわ、走縄、はり縄、手縄
(くだって)
(柿渋)染麻糸シケ打ち、または組み打ち(浅黄色、浅黄に白を打ち混ぜる流もある) 二丈五尺、あるいは一丈二尺、一丈二尺五寸、一丈五尺 先端に一寸の坪 首縄または胴縄の鐶 大鷹のイヌにははしり縄、小鷹のイヌには遣縄、とする説もある
山縄 (柿渋)染麻糸 七尋半、あるいは四尋半、三尋半 おそらく同上 おそらく同上 対象がキジであり、かつ、薮が深くてヒトが入れなくて、かつ、主人の前でない場合にのみ
早走系 早走、捌縄、捌索、縄、捌き、さばし、数走、類走 藤、葛、葉かつら(おそらくはオオツヅラフジ) 七尺五寸または二尋 先端に八分の坪 訓練、猟(打ち入り後)、手元端は保持しないのが原則、足で踏んでイヌを止める 主に片口止まりから放し掛けに、放し犬でも不安があれば用いた(類走、捌縄)

 

Home 情報室 Pagetop

copyright Ikuya Hatano 2002
放鷹道楽/
Dissipation of Hawking
http://astur.jp/

email:astur_hatano-2002 [at] yahoo.co.jp